本文へスキップ

バリューインパクト有限会社は『つなぐ』に価値をご提案します。

液体窒素自動供給装置 LNASCOMPANY


    液体窒素自動供給装置 LNAS

開発経緯

従来の液体窒素自動供給装置(ALC MODEL-SXD)は、発売から約25年が経過し、メンテナンス部品の供給に
支障をきたすようになって為、従来品をベースに「Safety」「Compact」「Easy」を開発テーマに掲げ、
LNAS(エルナス)を開発、2004年から販売開始しました。

Since1982                      Debut2004

用途例

主に下記製品へ液体窒素を安定供給、自動供給を行うことができます。
電子顕微鏡のEDX検出器
各種分析装置
試料凍結保存容器
その他、液体窒素を用いる各種低温機器において、様々な分野でご使用いただけます。

機能・特徴

【Safety】
危険の伴う手作業による液体窒素供給を安全に、また省力化が図れます。また、本製品は電磁弁を用いた加圧
送液ではなく、ポンプとサイフォンによる送液の為、電磁弁の機械的トラブルによるオーバーフローや酸欠の
恐れがありません。万一の故障の際にもコントローラーおよび、液面センサーの多重バックアップ機構(※)
にて、常に液体窒素を安全なレベルに保持します。
※多重バックアップ機構
「液体窒素の不足」「オーバーフロー」「エア空送りによる液体窒素の過剰気化」は、酸欠や低温やけど等の
人命に関わる事故につながります。3アラーム機構により、繰り返しアラームでトラブルを知らせると同時に、
正常運転に戻る動作に入り安全な運転を確保します。


【New】マニュアル運転でのオーバーフローを防止するため、手を離すとOFFに戻る安全設計。
【New】アラーム解除後に正常運転に戻らない場合、繰り返しアラームが働き、ポンプの空転も停止するように
    しました。
【New】指定した補給回数でのアラームブザーは廃止しましたが、補給回数カウント表示は従来通り確認が可能
    です。

【Compact】
コントローラーはデスクトップやラックへの設置が可能なコンパクトタイプ。

【New】前面スラント形状の採用により、上の視点からの操作性、視認性が向上しました。

  前面スラント形状

【Easy】
基本操作は一つ。AUTOスイッチのみで自動供給運転を開始します。あとは供給タンクの液体窒素交換まで、
安定補給を行います。
【New】3色レベルインジケーターの採用で視認性の向上、供給状態の把握が容易です。

【Technical】
液体の窒素を直接検知する方式を採用している為、設計精度±3mm以内という検知精度を実現しました。

従来モデルとの互換性

従来モデルとの互換性がありますので、コントローラーの更新、レベルセンサーの改造、修理の際にも支障が
ありません。


MODEL-SXD、ALC-3共通
液体窒素容器(標準はLAB-50)、LAB-50用キャップ、サイフォンも互換性があります。
 
 LAB-50 キャップ     サイフォン

アフターサービス

【点検・修理】
LNASはもちろん、従来モデル(ALCシリーズ)のメンテナンスも可能です。ぜひご用命ください。

<対象製品>
LNAS 液体窒素自動供給装置
ALC-3 液体窒素自動供給装置
ALC MODEL-SXD 液体窒素自動供給装置
その他、ALCシリーズ

<<対応例>>
症状 対応可否
自動供給を行わない
アラームが鳴っている。または点灯・点滅している。
ポンプが動かない。または異音がする。
フレキシブルチューブから液体窒素が漏れている。
操作バーが折れた。
サイフォンが曲がった。
レベルセンサーが折れた。
 製造:株式会社ときわ電機
 販売・フィールドサービス:バリューインパクト有限会社

バナースペース

バリューインパクト有限会社

〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町24-8

TEL 045-212-2731
FAX 045-212-2736