本文へスキップ

バリューインパクト有限会社は『つなぐ』に価値をご提案します。

home > よくある質問

よくある質問

当社・取扱メーカーについて


当社輸入製品(ステンレスチューブを除く)について、1回のご注文総額(税抜き)が10,000円以上の場合は送料無料です。
1回のご注文総額(税抜き)10,000円未満の場合は、本州800円 北海道、四国、九州1,000円の送料をご負担いただきます。

ステンレスチューブの送料につきましては、1回のご注文総額(税抜き)が30,000円以上の場合は送料無料です。
1回のご注文総額(税抜き)30,000円未満の場合は、3,000円の送料をご負担いただきます。


取扱製品について


はい、提出可能です。書類によっては、製品ご注文時にご用命いただく必要がある書類もございます。
下記★印の書類が該当します。
以下書類について、メーカーからのお取り寄せ、当社作成にて対応させていただいております。
いずれも無償にてご提供しております。

・RoHS指令対応証明書
・REACH規則高懸念物質(SVHC)不使用証明書
・戦略物資該当非該当証明書
・材料証明書(ミルシート)★
・試験成績書★
・製品図面
・強度計算書★


その他


※この問いについては、様々な角度からの解釈がございますので、下記はその一つとして捉え、参考にしてください。

内外径の寸法があらかじめ決まっているものを「パイプ」といい、用途に応じて必要な寸法で製造するものが「チューブ」と呼ばれています。

解説します。
内外径の寸法があらかじめ決まっているものとは、アメリカのASTM規格や日本のJIS規格などで規定されたパイプおよび、鋼管の寸法や公差 のことであり、呼び径、外径、厚さ(肉厚)などが規定されています。
「チューブ」については、ASTM規格の一つになりますが「ASTM A213 Stainless Steel Seamless Tube」を例に挙げますと外径、外径公差 および、厚さ(肉厚)公差がうたわれていますが、「外径ごとの厚さ(肉厚)」については規定しておらず、“仕様に準拠していることを条件 に他の径のチューブを提供することができる”と記載されています。

→パイプとチューブについての解説


はい。ミリサイズとインチサイズの変換ができます。以下2種類の継手を配管の内容に応じて使い分けができます。

・レデューシングユニオン(異径ユニオン) TRU
・レデューサー TR

→継手の選定とその使用例の解説を見る



ステンレス製LOK継手(チューブ継手)で解説します。
一般的には、SUS304 や SUS316L材のBA(Bright Anneal)チューブで使用できます。
1つの選定例として前述のBAチューブを挙げておりますが、以下は、LOK継手(チューブ継手)に適切なチューブ選びのコメント(条件など) になります。

@継手材質より軟質であること。
Aチューブと継手が同材質の場合、チューブは完全焼きなまし加工したものが必要。
Bチューブの表面仕上げは、シール(気密)を形成するため、溶接継ぎ目、ひっかき傷、汚れなどがあると正しくシール(気密)されません。
C肉厚が厚すぎるとフェルールの動きによって正しく変形することができなく、肉厚が薄すぎるとフェルールの動きで潰れて、必要な厚みを得られずに十分に耐えられない恐れがあります。
D楕円形のチューブに継手を無理やり挿入しないこと。

@とAについては、「硬度90HRB以下のステンレスチューブを推奨」とされており、これを満足するステンレスチューブを使用することで解決 できます。一般的に多くのステンレス鋼チューブのロックウェル硬度は、90HRB以下がほとんどなので、入手に困ることはなさそうです。 (HRB:ロックウェル硬さ)

ステンレスチューブ BA / EP チューブ製品のご紹介

当社では、チューブ継手やバルブ製品の他に、ステンレスチューブのお取り扱いもございます。以下サイズを国内在庫し、現地配管や装置内 ガス配管、機械加工部品用などの用途に採用されております。

標準在庫品

・SUS316L BA 1/4"、3/8"、1/2"、3/4"
・SUS316L EP 1/4"、3/8"、1/2"
ステンレスチューブ

ミルシート(材料証明書)の発行にも対応いたします。ご注文時にご依頼いただきましたら、製品に同梱いたします。
また、PDFデータでのご要求にも対応いたします。

発送元:弊社横浜技術センター(神奈川県横浜市)

弊社取り扱いのステンレスチューブの詳しい情報については、「PressVac製品ページ」のステンレスチューブの カタログ(PDF)、価格表をご参照下さい。



別表にて、TK-FUJIKIN社製バルブ製品を対象としたガス種別の材質適正を表したものをご案内します。
TK-FUJIKIN社が採用している材質をバルブ本体(ボディー)と シートに分けて使用可否を表しています。

→TK-FUJIKIN社製バルブ製品を対象としたガス種別の材質適正を表したものを見る



ダブルフェルールタイプ チューブ継手 の使い方(取り付け方法)は、以下の2つを理解することで知ることができます。正しい使い方 (取り付け方法)を知ることで漏れのない配管を作ることができますので、ぜひ参考にしてください。

・部品構成の確認
・使い方(取り付け方法)3ステップ

別ページにて、上記2項目の解説をします。

→部品構成の確認、使い方(取り付け方法)を見る