本文へスキップ

バリューインパクト有限会社は『つなぐ』に価値をご提案します。

home > よくある質問 > パイプとチューブの違いは何ですか?

解説 パイプについて

下表は、日本工業規格 JIS G 3459 「 配管用ステンレス鋼鋼管 」の標準寸法および重量になります。赤色の枠で囲んだ【外径】【厚さ】が 規定されていることがわかります。つまり、記載の寸法の鋼管については、「パイプ」と言えます。

パイプについて

パイプについて規定しているJIS規格

・JIS G 3446 機械構造用ステンレス鋼鋼管
・JIS G 3447 ステンレス鋼サニタリー管
・JIS G 3448 一般配管用ステンレス鋼鋼管
・JIS G 3459 配管用ステンレス鋼鋼管
・JIS G 3463 ボイラ・熱交換器用ステンレス鋼鋼管
・JIS G 3468 配管用溶接大径ステンレス鋼鋼管

いずれの規格も、呼び径A、Bで外径を、厚さ(肉厚)をスケジュール番号(Sch)で規定しています。

解説 チューブについて

下表は、 ASTM(米国試験材料協会)の【ASTM A213 Stainless Steel Seanless Tube】という規格になります。外径とその公差および、 厚さ公差が記載されていますが、前述のJIS G 3459のように「外径ごとの肉厚」については規定されていません。

チューブについて

例えば、1/4”(≒6.35mm)外径のチューブをあてはめますと、外径欄では、<25.4 に該当し、外径公差は、±0.10になります。 厚さ公差については、外径 ≦38.1に該当し、+20% / -0となりますが、「外径ごとの肉厚」については規定がありません。

また、1/4”(≒6.35mm)外径のチューブを例に挙げますと、海外製品には、厚さ(肉厚)が0.889mm や 1.24mmなどがあり、国内製品 には、1mmのものもあります。これらは、流体の圧力などを考慮し、“仕様に準拠していることを条件に他の径のチューブを提供することが できる”とあるように、用途に応じて作られた寸法であると思われます。



ステンレスチューブ BA / EP チューブ製品のご紹介

当社では、チューブ継手やバルブ製品の他に、ステンレスチューブのお取り扱いもございます。以下サイズを国内在庫し、現地配管や装置内 ガス配管、機械加工部品用などの用途に採用されております

標準在庫品

・SUS316L BA 1/4"、3/8"、1/2"、3/4"
・SUS316L EP 1/4"、3/8"、1/2"
ステンレスチューブ

ミルシート(材料証明書)の発行にも対応いたします。ご注文時にご依頼いただきましたら、製品に同梱いたします。 また、PDFデータでのご要求にも対応いたします。
発送元:弊社横浜技術センター(神奈川県横浜市)

弊社取り扱いのステンレスチューブの詳しい情報については、「PressVac製品ページ」のステンレスチューブの カタログ(PDF)、価格表をご参照下さい。