本文へスキップ

home > よくある質問 > Qチューブ継手の使い方(取り付け方法)が知りたい

それでははじめにダブルフェルールタイプ チューブ継手 の「部品構成の確認」をしていきましょう。

部品構成の確認は2つ

1 まず、右図のとおりに各部品が揃っていることを確認します。
ボディ、フロントフェルール、バックフェルール、ナットです。
これら4部品が揃って、初めて継手の機能が発揮されます。
ダブルフェルールタイプ チューブ継手 の「部品構成の確認」
2 次に確認すべき重要なことは、フェルールの向きです。
よくある施工ミスの事例で「バックフェルールの向きが逆でナットが固くて締まらない」というものです。
これでは正しく取り付けができす、漏れの原因になりますので、図を参考にフェルールの向きを確認します。
Point
・4部品が揃っていること
・フェルールの向きが図の通りであること


上の2つの確認が済みましたら、使い方(取り付け方法)の説明に進みます。



ダブルフェルールタイプ チューブ継手 の使い方(取り付け方法)3ステップ

それでは3つのステップをそれぞれ解説します。※手袋などで手を保護し、以下手順にそって作業することをオススメします。

ステップ1:ステンレスチューブの切断
ステップ2:ステンレスチューブの挿入と指締め
ステップ3:レンチ等(工具)使用による規定回転数締め付け(完了)


ステップ1:ステンレスチューブの切断
チューブエンド(管末部)の切断面が90°に切断されていることを確認し、チューブ内側と外側のバリを除去します。 適切なカッター又は、カッティングホイールを使用してください。

ステンレスチューブの切断




ステップ1:ステンレスチューブの切断
ステップ2:ステンレスチューブの挿入と指締め
ステップ3:レンチ等(工具)使用による規定回転数締め付け(完了)


ステップ2:ステンレスチューブの挿入と指締め
ステンレスチューブの先端が継手の中の「肩」に当たるまで挿入し、そのあと、ナットを指締めします。

ステンレスチューブの挿入と指締め




ステップ1:ステンレスチューブの切断
ステップ2:ステンレスチューブの挿入と指締め
ステップ3:レンチ等(工具)使用による規定回転数締め付け(完了)


ステップ3:レンチ等(工具)使用による規定回転数締め付け(完了)
6時の位置に印を付け、レンチを使用して継手を固定します。もう一つのレンチでナットを時計回りに1と1/4回転締め付けます。
規定の回転数は、サイズにより変わりますので下記を参照してください。

1/4インチおよび、6mm以上は、1と1/4回転
3/16、1/8、1/16インチ や 4mm以下は、3/4回転

スレンチ等(工具)使用による規定回転数締め付け




以上の 手順(部品構成の確認 と 使い方(取り付け方法)3ステップ)で正しい使い方(取り付け方法)ができたと思います。



ステンレス製チューブ継手 T-LOK(ティーロック)のご紹介

ステンレス製チューブ継手は、多くのメーカー様で作られていますが、私たちが取り扱うチューブ継手 T-LOK は、締結互換性耐久試験を 実施し、スウェージロック社、その他のチューブ継手との互換性を確認しております。

締結互換性耐久試験を実施し、その結果に基づいて、寸法などの仕様について他社製品との互換性があることを証明し、他社と変わらない 品質で優れた製品であることを保証しております。

接続方法も他社と同様で、手締めから1と1/4回転の回転数管理の継手です。(上記にてその手順を解説済!)

既存装置や設備側に他社継手が使われている場合でも、互換性を証明した T-LOK であれば、他社との接続が可能。リーク(漏れ)のない 配管接続をご提供いたします。

価格は、30%以上のコストダウンをご提案できた事例はいくつもございます。
T-LOK チューブ継手の製品ページのリンクを貼っておきますので、ご興味ある方は是非クリック(タップ)してみてください。

http://www.valueimpact.jp/T-LOK_fittings.html