本文へスキップ

home > よくある質問 > ガスの種類によって、バルブの材質の選定方法はありますか?

下表は、TK-FUJIKIN社製バルブ製品を対象とした、ガス種別の材質適正を表したものです。
バルブの主要材質になにが適正かを選定する手引きとして、TK-FUJIKIN社が作成したものになります。本表の評価は、 あくまでも参考を示すものであり、それぞれの使用状況、または使用条件は加味されておりません。



TK-FUJIKIN社製 バルブ製品(UHPシリーズ)のご紹介

韓国・釜山のクリーンバルブ・継手類の配管パーツメーカー、TK-FUJIKIN社の高純度ガス用に開発されたクリーンバルブ製品です。

TK-FUJIKIN社は、Samsung、SK Hynix、LG Displayなどのデバイスメーカーを中心に、半導体製造装置メーカーの採用実績を多く持つ、 クリーンバルブおよびクリーンフィッティングのトップメーカーです。

【製品ラインナップ】
・低圧/高圧用ダイアフラムバルブ(手動/エア駆動タイプ)
・低圧/高圧用ブロックバルブ(手動/エア駆動タイプ)
・低圧/高圧用ブランチバルブ(分流弁)(手動/エア駆動タイプ)
・スプリングレスバルブ(SPシリーズ)
・その他シリーズ

下記リンク先にて、低圧用ダイアフラムバルブをはじめ、各種バルブを掲載しております。

http://www.valueimpact.jp/TKF_valve.html

※UHPとは、Ultra High Purityの頭文字を取った表現で、高純度ガス配管用バルブの業界で使われています。